大島メモリー メンタルクリニック

狭山市の老年精神科(認知症)・精神科・心療内科・内科|大島メモリーメンタルクリニック

〒350-1305 埼玉県狭山市入間川1-18-1  新松本ビル1F
TEL:04-2954-0222
トップページ»  診療案内

診療案内

認知症


認知症は進行してしまうと完全な治療が難しいため、早期の発見・治療が大切です。
薬物療法、非薬物療法、リハビリテーションなど患者さまに合わせた治療法を提案致します。
症状を抑えつつ認知症の進行を遅らせていくことで、日常生活を送れるようにしていきます。

 
う認知症

 

うつ病

軽症のうつ病の人は最近増加しており、抑うつ気分と興味または喜びの喪失が中心的な症状です。生活の上では、五月病でみられるような症状のほか、「仕事や家事などが以前のようにテキパキこなせない」、「考えがまとまらない」などの症状がみられます。また、軽症のうつ病の場合、他にはっきりした症状がなく、朝早く目が覚めてしまったりする、睡眠障害だけが目立った症状としてあらわれることもあります。
特に、目が覚めたとき、ひどく憂鬱な気分になったり、疲れやすく、休息をとってもなかなか回復しなかったりするような場合は、うつ病が原因で睡眠障害になっている可能性があります。
 
うつ病

 

不眠症

不眠症は睡眠が浅い、寝付きが悪い、早朝に目が覚めてしまうなど、十分な睡眠を取れないことが原因で、体調など影響を及ぼしてしまう症状のことを言います。
日中に眠気に襲われたり、注意力が散漫になってしまう等、日常生活への支障をきたすこともあります。
過食症

 

神経症

神経症は心因性の精神障害の一つで、疾患等の原因がなく心身異常が起きる病気のことです。多くは周囲の環境に対応できず、不安感から精神バランスが崩れることにより起きます。症状により、いくつかの種類があります。最近では不安障害として強迫性障害、全般性不安障害、パニック障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害などに分けることもあります。
【1】強迫神経症「家の鍵をかけたか?」「コンロの火を止めたか?」などささいな考えが頭から離れない症状です。
【2】不安神経症過剰な不安感により、動悸や息苦しさ、手足のしびれなどの症状が見られる。
【3】恐怖症高所恐怖症、先端恐怖症、閉所恐怖症、対人恐怖症など、通常他の人があまり気にしないものを異常に怖がる症状です。
神経症